明鏡止水

私は最も良い私になりたい

「苦手なもの」の話

 

なんか アレだ 苦手なものをひとつ見つけてしまった

 

他人が自然と抱えた感情を自分の都合の良い方に捻じ曲げて あまつさえそれを悪びれることが出来ず満足感しか覚えられない人間が苦手だ

 

捻じ曲げる、のが嫌いなだけだから 告白を例にすると 向こうも好意があるだろうな という前提があるようなものは大丈夫なんだけど 全然脈がないのにただ闇雲にすがりつくようなのが 駄目だ

 

そういうことをする人間も苦手だし、そういう状況に気付くだけで気分が悪くなるし、そして私は だから 大好きな人に告白が出来ない