明鏡止水

私は最も良い私になりたい

「揺蕩う」の話

 

思考を言葉におこすのが面倒、という先輩の話を聞きながら 私は思考を言葉にせず浮遊させる方が面倒だな、と思った

 

同じ思考がずっと揺蕩い続けることを平気だと感じるのならば その術を知りたい

 

言葉におこすことでアウトプットされた思考は 形式的にでも完結されたことで出現回数が減る そうやって同じことを繰り返し考える状態から抜け、新しいことを考える状態にうつってゆく その繰り返し

 

同じ思考がずっと漂っている状態は 何度も何度も答え合わせをしているみたいだ