明鏡止水

私は最も良い私になりたい

退勤botになります。

 

本日の記事、完全にただのメモです。

 

 

現在、社会人3年目です。

 

先月と先々月にかけて紆余からの紆余曲折があって、早く退勤する練習を余儀なくされる状況となりました。来月からが本番の予定です。

 

バラツキが大きいので平均値が出しにくいんですけど、今までの退勤時間の体感は、「20時台後半〜22時台前半、時折終電を逃す」です。

 

今週は、18〜19時台に退勤出来ています。

 

 

退勤時間についての考察を以下に述べます。

 

 

★退勤時間が遅い原因

 

・個人的な業務を全て定時後に回している。

・その結果、抜け漏れ防止の為のTODOリストが日中のうちに膨大な量となり、リスト管理にさえ神経を使う状況となる。

・他の職員がするだろうと思った作業が行われておらず、常勤である私が定時後に痛い目を見る。

・上記の状況にも関わらず、朝はギリギリに出勤し、休憩時間を個人的な業務の時間に充てない。

・愚痴を言い合いながら残業している。

 

ちなみに現在当職場は1時間の休憩がありますが、日によって様々な作業に搾取されている状況。5分休めた!すごい!やったね!的な日もあれば、1時間フルで睡眠に充てられるような日もある。

 

 

★退勤時間を早める方法

 

・一本早い電車に乗り、朝の作業時間を確保する。休憩時間に時間と体力が余れば、個人的な業務や、他の職員がおざなりにする作業を前倒しで行う。

・業務中に個人的な業務を行うことを怖がらず、日中に受けた相談は日中に潰すことで、残業後の業務量とリスト管理量を減らす。

・愚痴大会が始まる前に退勤する。

・どうしても個人的な業務が消化出来なければ、現在同様、終電の覚悟を持って1日の残業に集約させ、他の日は潔く帰る。

 

 

これだけで早く退勤出来ます。簡単だね!

 

 

【追記】

この方法では長くは持ちません!!!

早く転職しようね!!!!!!!